GO.FIELD ASSOCIATES

NEWS 2020.09.14

[リカバリー]身体作りに欠かせないタンパク質を上手に取ろう!

たんぱく質を多く含んだオススメの食材は!?


アスリートの栄養補給に欠かせないタンパク質。


まずは、「タンパク質とは」というところから始めたいと思います。



タンパク質は、私たちの身体を構成する「三大栄養素」のひとつで、人間の身体の15%~20%ほどはタンパク質でできているほど、私たちの身体に数多く存在していています。


「筋肉」はもちろんのこと...「内臓、骨、血液、髪の毛、皮膚、爪」も、たんぱく質でできています!


また、身体を構成するタンパク質は毎日、合成と分解をくり返すことで作り替えられ(髪や爪が伸びるように)、古くなった一部を分解し、食事などで体内に入った新しいタンパク質を使って再生しています。


そんな訳で、たんぱく質が不足すると、様々な部分が機能不全に陥ってしまいます・・・。


特に日本人はタンパク質が不足しがちな傾向がありますので、食事やサプリメントから意識して摂っていくことが大切です!


 


それでは、タンパク質を豊富に含んだ身近な食材をご紹介します!


 


 


鶏むね肉


鶏むね肉は、タンパク質がとても多い食材で、鶏むね肉100gの中には、約23gのタンパク質が詰まっています。


さらに鶏むね肉には、疲労回復にも効果的な「ビタミンB1」が豊富に詰まっていますよ。


 


最近では、コンビニでも美味しく味付けされた状態で売っていますので、ランチタイムなどでも大活躍ですね!


 


 


たまご


たまごは、とってもコストパフォーマンスが良く、ゆで卵にすれば作り置きもできますので、おやつなどにもオススメ食材です。「完全栄養食」と呼ばれるほど栄養価に優れており、たまご1個の中には、約7gのたんぱく質が詰まっています。


「たまごのコレステロールが気になる・・・」そんな声も聞きますが、食事がコレステロール値に与える影響は少ないと分かってきており、1日1~2個であれば、気にし過ぎなくても大丈夫のようですよ。


「コレステロール」も筋肉を作る上で重要な役割をしていますので、筋力アップを目指している方は、ぜひ積極的に取ってみて下さい。


 


 


納豆


納豆1パック(50g)あたり約7gのタンパク質が含まれており、肉類などと比べて突出してタンパク質量が多いわけではありませんが、「三大栄養素」に加えてビタミン、ミネラルもバランスよく含まれている食材です。


納豆菌には整腸作用のほか、免疫力を高める力があることがわかっており、その他にも「ナットウキナーゼ(血流を良くする)」「大豆サポニン(抗酸化作用)」なども含んでおり、ダイエットや美容にも効果的ですね。


 


 


プロテイン


プロテインは、アスリートや部活動をしている学生さんなどには、特にオススメです。


その理由は、スポーツやトレーニングをしていると必要なタンパク質の量が通常より増えるので(おおよそ2倍に!)、摂取カロリーや栄養バランスのことを考えつつ、食事だけで必要なタンパク質量を確保するのはなかなか大変だからです・・・。


そこで、ドリンクとしてタンパク質を補給できるプロテインを活用すると、コストパフォーマンスも良くなり、カロリー摂取も抑えることができます。


身体作りのために上手にプロテインも活用して、タンパク質が不足しないように注意しつつトレーニングに励みましょう!


 


 


人工甘味料・保存料 不使用のおすすめプロテイン
Go.Field Fitness オリジナルプロテイン「Sprout」はこちら


Recommendationおすすめアイテム

  • 休養時専用ウェア「VENEX」

    上質な休養のために「ただ着るだけ」
  • ノーズパッドのないサングラス「Air Fly」

    異次元のフィット感!ノーズパッドのないサングラス
  • お風呂で全身リカバリー「薬用 ATHLETE RLX」

    重炭酸イオンが疲労回復・筋肉超回復&快眠サポート!